耐震の資格「耐震技術認定者」

耐震技術認定者とは

「建築士はみんな耐震診断ができる」
「家を建てた大工が大丈夫と言っているから問題ない」
そのような声を聞くことが少なくありません。

でも、実はこれは正しい情報ではありません。

木造住宅の耐震診断を行うためには、一般財団法人 日本建築防災協会が発行する『木造住宅の耐震診断と補強方法』の内容を正しく理解することや、実際にどのように調査を行うかのノウハウも必要なのです。

そこで木耐協では、全国組合員の耐震診断知識の均一化と技術の向上を目的として、1998年に「耐震技術認定者」資格制度を設け、認定講習会を行っています。 「耐震技術認定者講習会」の受講資格は、一級・二級・木造建築士、または木造建築工事業の実務経験が7年以上と会社が認めた者。講習を受けるだけでなく、考査試験に合格しなければ耐震技術認定者にはなれず、3年ごとの更新受講を義務付けています。

現在もこのハードルをクリアした1,500名を超える耐震技術認定者が、全国各地で安全・安心な住まいづくりを進めています。

関連団体サイト

国土交通省 一般社団法人住宅リフォーム推進協議会 リフォーム生活向上プロジェクト 安心リフォームの証