耐震補強工事の考え方・優先順位

耐震補強工事には、これまでにご紹介したように様々な方法があります。目標とする耐震性(評点)と予算に応じた補強工事を組合せて、施工箇所を考えていくのが補強設計です。

木耐協では、様々な補強工事の費用対効果を踏まえて優先順位を定めています。相手が天災である以上、絶対に倒れない建物は造れません。

だからこそ、

・今の家にあと何年くらい住むか
・これからのライフスタイルはどうしたいか
・予算はどのくらいか  等々

様々な面を考慮することと、費用対効果の高い耐震補強を計画することが大切です。

耐震改修の修正と優先順位

項目 優先順位
  • 劣化(腐れや蟻害)を直す
  • 壁を強くする
  • 壁の配置バランスを整える
  • 柱と基礎を金物で固定する
  • 基礎に鉄筋を入れて強くする
  • 2階の床面や屋根面を強くする
  • 基礎のひび割れを直す
  • 屋根を軽くする
 

関連団体サイト

国土交通省 一般社団法人住宅リフォーム推進協議会 リフォーム生活向上プロジェクト 安心リフォームの証