耐震診断・補強のことなら

木耐協

耐震に関するご相談は

0120-249-761

(年中無休 午前9時~午後6時まで)

 
TOP > 耐震診断・補強について > お客様の声

お客様の声VOICE

診断依頼されたお客様から
お寄せいただいた声

お客様の声

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合では、「正確で丁寧な耐震診断・耐震補強」を目指して日々活動しております。ここでは私共の活動を通じて、診断依頼者様からお寄せ頂いた様々なご意見を公開致しております。

皆様からの感謝のメッセージに限らず、お寄せ頂いた苦情やご指摘などには特に真摯に耳を傾け、私共の今後の活動にしっかり活かして参りたいと考えております。

診断依頼されたお客様からおよせいただいた声

依頼者様から寄せられた感謝の声を掲載しています。

高知県 I様

昨年猛暑の中、床下、天井裏と汗びっしょりになって耐震診断をしていただき、本当にありがとうございました。

高知県 I様

診断していただいた方はとても親切にみていただき、後に詳しく結果を報告していただきありがたく思っています。本当にありがとうございました。

高知県 I様

天井裏の梁のボルトの緩みを無料で締めてもらった。大変感謝しております。

岡山県 A様

本来なら、有償でも安心を得るために、点検して頂かないといけないのに、このようなキャンペーンを実施して下さり、大変有りがたいと感謝しています。業者の手抜き工事がよく取りだたされているので安心し、地震が身近に起きた時の対応も考えないといけないと、思いました。

静岡県 H様

一業者の耐震診断ではなく、木耐協という全国の業者の組合ということで信頼感を持つ事が出来ました。また、組合員の方の対応も良いと思いました。これからもより一層分り易く、納得し易い事業をお願いします。

東京都 K様

診断を行う前から、耐震工事をお願いしようと申し込みました。担当していただいた会社の社長、担当者の耐震に対する熱意に関心しました。工事も誠意をもって、行っていただき大変満足しております。顧客の立場で考える姿勢に共感し、内装リフォームもお願いし良心的に行っていただきました。宜しく伝えてください。

宮城県 S様

お陰様で耐震診断結果報告書を参考に最小限の耐震補強を実施させていただきました。工事を実施した事により、発見した事は建築確認の図面通り筋交いが入っていない所が二ヶ所判明しました。貴組合の今回のご配慮に感謝申し上げます。

千葉県 G様

丁寧に説明してくれました。工事実施の勧誘などもなく、十分に考えた上で、安心しておまかせできました。

東京都 K様

素人ではわからないバランス等、とても参考になりました。相談に乗っていただけて大変助かりました。予算の都合上、できる範囲での実施でしたが、やらないより良かったと思います。

新潟県 H様

今思うと耐震診断から工事、あっと言う間に終わりましたが、これからの時代を考えると、やって良かったと思う気持ちが強いです。費用も大分かかりましたが、不安な気持ちでいるより、少しは安心して暮らせる家になったと私は思っています。ありがとうございました。

埼玉県 S様

ありがとうございました。無料で診断を受けられるならと思って申し込みましたが、非常に丁寧かつ納得できる説明と診断で驚きました。結果はどうあれ自分の住んでいる家のことを知っておくことは必要だと思いました。

愛知県 I様

組合員の方との会話により、やっと安心してお願いすることができる会社を見つけることができました。ピンクのチラシをもっと早くに知りたかったです。担当の方の本当に親切で穏やかで何事も前向きな考え方に、大変勇気づけられ、将来の生命の安全と希望「生き続けてゆく」という楽しみができましたことに感謝いたしております。

茨城県 T様

家を診ていただく時も出来る事と出来ない事をはっきり言ってくれて逆に信頼できました。以前に有料で診てもらった時より細かく診て下さいました。結果についても具体的で無理な強要をされたり不安を煽られるようなこともなく、相談に乗っていただいてとても感謝しています。

埼玉県 T様

木耐協については全く知らず、無料耐震診断のチラシを見て依頼すべきか当初は迷っていました。千代田区永田町の住所であったので間違いないだろうと考え電話で依頼しました。結果としてこれだけ色々の事をしていただき無料とは申し訳なく感謝しております。木耐協の活動をもっとPRすべきではないでしょうか。ありがとうございました。

埼玉県 T様

無料でこの様な診断をしていただき、家の状態を知る事が出来て安心しました。ありがとうございました。今後もこの様な活動を続けられる事を願っております。

診断依頼されたお客様からおよせいただいた ご意見・ご指摘

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)では、「正確で丁寧な耐震診断や補強」を目指して日々活動しておりますが、残念なことに組合に寄せられる苦情等も寄せられます。

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合では、このような苦情などについては全て専門委員会である倫理委員会において公開・検討されています。

診断予定時間に担当組合員が来ない

お問い合わせ内容

本日の○○時に担当組合員と診断の約束をしていた。会社を休んで待っていたのだが、未だに連絡が無い。どうなっているのか?

 
事務局対応

担当組合員へ連絡したところ、診断前に訪問していた先で話が長引いていたとの事でした。約束の時間に遅れる際には、如何なる理由がなっても、お客様にその旨を必ず連絡を行うよう厳重に指導をし、お客様へご理解頂き、耐震診断を実施しました。耐震補強事業には高い倫理観が必要であるにもかかわらず、この様な基本的なことができていないのは問題です。組合ではリフォーム基本研修会を通じて、組合員のマナー向上にも努めています。

「耐震診断が混み合っているために耐震補強を考えているお宅が優先」と言われた

お問い合わせ内容

担当組合員から診断日程打ち合わせの電話が入ったが、『耐震診断が込み合っている為に耐震補強を考えているお宅が優先』と言われた。耐震診断実施する前に補強の話を持ち掛ける組合員は信用できない。

 
事務局対応

担当組合員へ確認したところ、お客様のお話通りの事実が確認できました。当組合の耐震診断は耐震補強を強要するものではありませんので、この組合員の発言は軽率であると言わざるを得ません。また、耐震補強工事の必要性も、耐震診断を実施した後でないとわかりません。組合員には厳重に指導をし、耐震補強を検討している方を優先させる等の行為は今後一切しない事の念書を提出させました。また、お客様は耐震診断をご希望との事でしたので、他の組合員をご紹介させていただく事でご了承を頂きました。

耐震診断時に恐怖心を煽られた

お問い合わせ内容

耐震診断時に『今、補強を行わないと地震時に建物が倒壊する』と恐怖心を煽られ、不信感をもった。信用の出来る業者でしょうか?

 
事務局対応

担当組合員へ連絡し、今回の経緯についての確認を行いました。この組合員は過去にも同様のお問い合わせを数件頂いており、指導及び警告としてきたが、改善がなされなかった為に除名処分と致しました。お客様には別の組合員をご紹介し、耐震診断を実施致しました。

調査後に汚い服で室内をウロウロされ迷惑した

お問い合わせ内容

耐震診断時に床下を這い回った後に、そのままの洋服で室内をウロウロとした。その為、部屋中が汚れてしまい、非常に不愉快な思いをした。

 
事務局対応

耐震診断時には替えの洋服や替えの靴下、床下調査用の養生シートなどを持参するよう指導を行っています。この担当組合員はそれを怠ったため問題になりました。お客様には指導の徹底をお約束すると共に謝罪しご理解頂きました。

耐震診断時に図面を貸したが返却されない

お問い合わせ内容

耐震診断時に図面を貸したが、診断結果報告も無ければ、図面の返却も無い。図面が悪用されないかと心配。至急、診断結果報告と図面の返却を希望する。

 
事務局対応

担当組合員に対し、図面の返却を大至急する事と診断報告を放置しない事の2点を指導致しました。組合員に対しては、図面の原本は絶対にお預かりせず、必ずコピーをお預かりする事を徹底しているのですが、今後はコピーであっても図面をお借りする際には借用書などを作成し、再発の防止を目指します。

調査後に診断結果報告がない

お問い合わせ内容

半年ほど前に耐震診断を申し込み現地調査を実施したが、その後の結果報告がされていない。どうなっているのか?

 
事務局対応

お客様からの現地調査の結果は担当組合員から事務局に提出があり、その3日後に事務局から担当組合員へは耐震診断結果報告書を発送していました。連絡の行き違いがあったものの、担当組合員が長期間放置していたために発生致しましたので、至急お客様へ報告を実施するように担当組合員へ指導致しました。その旨、お客様にお伝えしてご了承頂き、診断結果報告を実施致しました。

組合事務局に耐震診断のご依頼を頂いてから、1週間から2週間内に概ね現地調査が実施されます。その後1週間から2週間程度で結果報告がされますので、正味、耐震診断のご依頼を事務局に頂いてから最短で2週間程度、長くても1ヶ月程度で耐震診断は完了致します。例年1~3月と9月~11月は耐震診断が非常に混み合うために、これ以上時間が掛かる様なケースもありますが、現地調査から1ヶ月以上経過しても組合員から報告がない場合には、組合事務局にご相談下さい。

工事後に組合員が点検に来ない

お問い合わせ内容

工事を実施したが、その後の定期点検を1回だけ実施したが、それ以降の点検に組合員が来ない。組合員へ直接連絡をしても電話が不通で連絡の取れない状態が続いている。点検を希望する。

 
事務局対応

担当組合員が倒産の為、連絡が不通となっていました。事務局で点検を実施し、以降の点検は他の組合員に依頼し、お客様にもご了解頂きました。

クーリングオフの期間を過ぎているが契約を解除したい

お問い合わせ内容

工事の契約をしたが、工事内容に不明な点があるので契約を見送りたい。その旨を担当組合員へ申し出たが、クーリングオフ期間(契約後8日間)が過ぎているとの理由で解約費用が発生すると言われた。無条件で解除したいのだが。

 
事務局対応

事務局にてお客様と組合員、双方と話し合った結果、契約解除する事と致しました。契約内容をお客様が誤認している様子であり、担当組合員も内容をお客様へしっかりお伝えしていない様子でしたので、解約費用等は発生させず、無条件解約と致しました。

工期が守られていない

お問い合わせ内容

工事契約後、工事着工されたが、工期がまったく守られていない。工事が中途半端な状態にも関わらず、年明けの挨拶も無い。

 
事務局対応

担当組合員へ確認したところ、現場担当者が入院している事が判明致しました。現場監督間の引継ぎが出来ていなかった事が原因であった事がわかったので、至急お客様へ組合員から連絡をし、工事再開のご報告と謝罪を行いました。

木造住宅が対象の耐震診断のチラシがマンションに投函されていた

お問い合わせ内容

マンション内の集合ポストに木耐協の耐震診断受付チラシが投函されていた。木造住宅が対象の耐震診断のチラシをマンションに投函するとはどう言う事か?また、ポスト横のゴミ箱にも多量のチラシが捨ててある。何とかして欲しい。

 
事務局対応

当組合で実施する耐震診断は木造在来工法2階建て以下の建物に限られます。マンションは対象外であるにもかかわらず配布されていたと言うことは問題です。調査したところ、当組合の組合員が依頼したポスティング業者の担当者が投函した事が判明しました。担当組合員と事務局担当者と共に、マンション管理組合にお詫び致しまして、チラシの回収を致しました。

木耐協組合員を名乗る人物が、飛び込みで耐震診断の勧誘をしてきた

お問い合わせ内容

木耐協の○○と名乗り、突然訪問してきて診断の勧誘をされた。この会社は本当に組合員か? また、補強工事の事も話していったが木耐協はどの様な組合なのか?

 
事務局対応

組合員が木耐協の名称を使用して電話での勧誘や訪問での勧誘などは、組合として一切禁止しています。組合の診断は、消費者の皆さまからの依頼に基づいて、近くの組合員が担当させて頂くことになります。この飛び込みでやってきた会社は、当組合の組合員ではありませんでした。最近、このように当組合名を名乗って工事契約を強要する悪質な事例が数例報告されています。このお客様は耐震診断をご希望されていらっしゃいましたので、近くの組合員を紹介し、耐震診断を実施しました。

木耐協の組合員と名乗る人が、工事後の点検に来たのだが

お問い合わせ内容

『木耐協の組合員ですが、補強後の点検を事務局から依頼され伺いました』と突然訪問して来た。会社名や自分の名前も名乗らないだけでなく、突然の訪問は非常識だ。組合の指導はどうなっているのか?

 
事務局対応

お客様の依頼を受けて調査をしたところ、耐震診断及び耐震補強を担当した組合員ではない事がわかりました。組合事務局が担当会社以外に点検や施工状況の確認に他の組合員を派遣する事はありません。木耐協の名称を語った、悪質なセールスが数例報告されているので、その可能性が高い旨、お客様及び周辺組合員へ注意を促しました。

診断のお申し込みは
こちら

お電話またはお申込みフォームにて承ります。

  • 0120-249-761
  • 受付時間
    9:00~18:00(年中無休)