耐震診断・補強のことなら

木耐協

耐震に関するご相談は

0120-249-761

(年中無休 午前9時~午後6時まで)

 
TOP > 耐震診断・補強について > 耐震補強とは

耐震補強とはABOUT REINFORCEMENT

耐震補強とは、耐震診断の結果をもとに、建物の耐震性を高めるために主要な構造部分を補強する工事のことです。具体的には、壁や基礎、土台・柱下、接合部など建物に対する補強工事が主な耐震補強工事です。耐震補強

耐震補強の方法

壁の補強

壁の補強とは、今ある壁を一旦取り壊し、耐震性の高い壁を設置する工事です。屋内からも施工可能です。なお、壁を補強するといっても、闇雲に壁を強くしてもかえって耐震性を損なう恐れがあります。耐震診断の結果から補強の必要な箇所を割り出し、偏心率(重心と剛心の距離)等を考慮し、的確な位置に的確な強度の壁を補強する必要があります。

補強用面材や構造用合板を用いる

補強用面材を用いる

既存の壁よりも高耐力の壁を設置することで壁の耐力を向上します。木耐協では梁・土台の加工が必要ない補強方法を推奨しています。

筋交いを入れて補強する

筋交いを入れて補強する

梁から土台の間に筋交いを入れることで、バランス・耐力を向上します。

基礎の補修

基礎の補修には、ひび(クラック)の補修や無筋基礎の有筋化などがあります。

ひび(クラック)の補修

ひび(クラック)の補修

ひび割れが生じている箇所にエポキシ樹脂を注入して塞ぎます。

無筋コンクリート基礎の有筋化

無筋コンクリート基礎の有筋化

既設の無筋基礎の外側に、鉄筋コンクリート造の基礎を抱きあわせ、一体化して補強します。

劣化の改善

土台・柱下の改善

木材はくさってしまうと本来の強さを発揮することができなくなり、その分耐震性が低下してしまいます。土台が腐朽または蟻害を受けている場合や、柱下が痛んでいる場合など、土台の取り替えや柱根継ぎが必要となります。
 なお、取り替え材には必ず防腐・防蟻処理を行ってください。また、腐朽・防蟻対策として、床下に調湿炭を敷き詰めることも効果があります。

劣化

屋根の軽量化

屋根を軽くする

重量のある日本瓦を、軽量な材質に取り替えることも、耐震性の向上に有効です。

診断のお申し込みは
こちら

お電話またはお申込みフォームにて承ります。

  • 0120-249-761
  • 受付時間
    9:00~18:00(年中無休)
  • 耐震診断とは
  • 耐震補強とは
  • 耐震診断Q&A
  • 耐震診断知識集
  • 耐震適合証明書
  • 補助金助成金について