耐震診断・補強のことなら

木耐協

耐震に関するご相談は

0120-249-761

(年中無休 午前9時~午後6時まで)

 
TOP > コラム > 保険金を使った住宅修理相談の件数が急増【情報通信 vol.493】
ニュース
2019/07/02

保険金を使った住宅修理相談の件数が急増【情報通信 vol.493】

コラム
―木耐協情報通信 vol.493―――――――2019年7月2日―――

 ■□ 消費者庁に寄せられた相談がまとまった「消費者白書」
 □■ 2018年は、自然災害に乗じたトラブルが急増

―――――――――――――――――――――――――――――

木耐協事務局です。

梅雨前線の活動が活発化し、九州を中心に西日本で雷を伴う
猛烈な雨が降り続いています。気象庁は臨時記者会見を開き
「自ら命を守る状況」として、早めの避難を訴えています。
いつ災害が起きてもおかしくない状況ですので、
早めに安全な場所へ避難するなどご注意ください。

本日は、「令和元年版消費者白書」を取り上げます。
本書は消費者庁に寄せられた様々な消費者トラブルと対処法が
まとまめられたものです。その中から昨年急増した
「自然災害での住宅修理に関するトラブル」をご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<消費者庁>令和元年版 消費者白書
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/white_paper/
――――――――――――――――――――――――――――――

【相談事例】
「保険金を使って住宅を修理する」という業者に修理を依頼。
「災害で壊れたことにして保険金の請求を」とアドバイスを受けた
 
→ アドバイス通りに保険金を請求し、保険金が支払われた後、
  業者から多額(30%から40%)の手数料を請求された

――――――――――――――――――――――――――――――
「保険金が使える」と勧誘する住宅修理サービスの相談件数
――――――――――――――――――――――――――――――

<年度別相談件数>
・2014年  631件
・2015年  777件
・2016年  993件[熊本地震]
・2017年 1,159件
・2018年 1,585件[大阪北部地震、平成30年7月豪雨、
          台風21号、北海道胆振東部地震]

→ 2018年は2014年比で2.5倍に増加。
  また、年齢別では65歳以上が64.9%を占める

<2018年の地域別相談件数>
・南関東 871件
・北関東 389件
・近畿   64件
・九州北部 50件

→ 災害発生地域ではなく、関東に集中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国民生活センターでは、こうした被害から住宅所有者を守るためには
地場工務店・リフォーム会社が存在感を示すことが重要としています。

なぜなら、このような業者から連絡があっても、OB様が皆様を
信頼していれば、住宅に関する相談は皆様を頼るからです。
皆様もこうした手口を確認し、OB様を犯罪から守りましょう。

また、本白書には、他にも「高齢者の転倒・転落事故例(屋内外)」、
「架空請求ハガキの実例」、「簡単に稼げると見せかけた手口の事例」等
様々な相談事例が掲載されています。
ぜひ本文をご確認いただき、OB様や社員様、ご家族にもお伝えください。

※消費者白書 第2部第1章 
 消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果等
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/white_paper/pdf/2019_whitepaper_0005.pdf