耐震診断・補強のことなら

木耐協

耐震に関するご相談は

0120-249-761

(年中無休 午前9時~午後6時まで)

 
TOP > コラム > 平成30年改正建築基準法のポイントをご紹介【情報通信 vol.448】
ニュース
2018/07/24

平成30年改正建築基準法のポイントをご紹介【情報通信 vol.448】

コラム

━木耐協情報通信 vol.448━━━━━━━━━━2018年7月24日━━━

 □■ 「建築基準法の一部を改正する法律」
 ■□ 昨日参加した説明会から最新情報をお届けします

―――――――――――――――――――――――――――――――

木耐協事務局です。

本日は昨日開催された「平成30年改正建築基準法に関する説明会
(第1弾)」の東京会場に事務局員が参加してきましたので、
改正内容のポイントをお送りします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主な改正点は以下の3項目
6月27日(水)に交付され、大半の項目が1年以内に施行
―――――――――――――――――――――――――――――――

  • 建築物・市街地の安全性の確保

2016年12月に新潟県糸魚川市で起きた大規模火災や、
2017年2月に発生した物流倉庫火災の被害を踏まえ、
適用範囲の拡大が予定されています。

また、「防火地域・準防火地域内において、延焼防止性能の
高い建築物の建蔽率を10%緩和」という項目があり、投資用
不動産の収益性を高める項目も盛り込まれています。

  • 既存建築ストックの活用

空き家を福祉施設・商業施設等に用途変更する際には、
大規模な改修工事を不要とし、手続きも合理化することで、
既存建築(空き家)の再活用を促進する内容となっています。

  • 木造建築物の整備の推進

防火地域・準防火地域内において、外壁や窓の防火性能を高める
ことで内部の柱などに木材を利用できる設計が可能となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1年以内に施行されることになっている今回の法律ですが、
詳細はまだ検討中の部分があります。そのため、参加者からは
「改正内容を早く確定して欲しい」といった声が多く聞かれました。

名古屋、大阪、福岡はまだ間に合いますので、改正内容の最新情報を
確認されたい方は参加されてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年改正建築基準法に関する説明会(第1弾)
--------------------------------------------------------------
日 程:名古屋 7/26(木) / 大阪 7/25(水) / 福岡 7/31(火)
    ※東京会場は全日程で受付を終了しています
時 間:10:00-12:30
参加費:無料

https://krs.bz/koushuu-setsumeikai/m/30kaiseikijyunhou

※国土交通省「建築基準法の一部を改正する法律」の概要
http://www.mlit.go.jp/common/001242504.pdf

関連記事