耐震診断・補強のことなら

木耐協

耐震に関するご相談は

0120-249-761

(年中無休 午前9時~午後6時まで)

 
TOP > コラム > 「地域防災ステーション」プロジェクト始動
お知らせ
2017/04/11

「地域防災ステーション」プロジェクト始動

コラム

 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合( 略称: 木耐協/ 事務局: 東京都千代田区/理事長:小野秀男)は、2017年4月11日(火)から「地域防災ステーション」プロジェクトをスタートいたします。 

 このプロジェクトは、木耐協に在籍する全国の組合員・賛助会員( 工務店・リフォーム会社)1300拠点が「地域防災ステーション」となることで、地域の防災力の向上を図ると共に、大規模災害時の拠り所となる環境づくりを進めるものです。

 昨今、地震以外にも台風・集中豪雨等、様々な自然災害が発生しており、『事前防災』の重要性が高まっています。そのような中、約20年間木造住宅の耐震化に取り組んできた木耐協が"防災"への備えを進め、全国の組合員がそれぞれの地域の防災力向上に貢献し、地域密着での活動に力を入れたいと考えています。

地域防災ステーション宣言 

一、自らが救助される側にならぬよう、防災意識を高めます
一、非常時に情報の受発信が行えるように準備します
一、人々が集まりやすい場を作るため、日頃から近隣とのコミュニケーションを図ります

地域防災ステーション ロゴマーク

 bousai_station_logo.jpg

 
地域防災ステーションとしての活動

・木耐協事務局から全国の組合員・賛助会員に対して、事業者が備えるべき心構え・   備蓄等をまとめた「地域防災マニュアル」と本プロジェクトの「のぼり」を送付し、地域防災ステーションとして準備します

・全国の組合員・賛助会員は、地域防災ステーションとして備え、近隣住民やお客様に対して「地震防災ガイドブック」の配布等を行い、地域の防災力向上に努めます


地域防災ステーション ツール類

・地域防災マニュアル
事業者として、大規模災害に対してどのような備えをし、どのような情報を確認しておくべきか。
また、災害発生時にはどのように行動すべきかもまとめています。(A4/24ページ)


・地域防災ガイドブック
組合員がお客様や近隣消費者に配布する簡易防災ガイドブック。自宅の耐震診断・補強、家具固
定、連絡手段・集合場所等、予め備えておくことをまとめています。(A4/4ページ)


・のぼり
店頭に掲げるのぼり。2タイプ。


・木耐協推奨パッケージ
非常用電池、非常用トイレ等、ライフライン断絶時に最も重要な備蓄を中心にそろえました。



プレスリリース:地域防災ステーション

関連記事