耐震診断・補強のことなら

木耐協

耐震に関するご相談は

0120-249-761

(年中無休 午前9時~午後6時まで)

 
TOP > コラム > 木耐協の「木造住宅の耐震診断・補強による国土強靭化」がジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016金賞(企業・産業部門賞)を受賞
お知らせ
2016/03/16

木耐協の「木造住宅の耐震診断・補強による国土強靭化」がジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016金賞(企業・産業部門賞)を受賞

コラム

【2016年3月16日(水)】
日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(理事長:小野秀男)は、これまでに全国で実施してきた耐震診断・補強、事業者向け研修会等の取り組みが評価され、「ジャパン・レジリエンス・アワード2016」において金賞を受賞いたしました。

木耐協の「木造住宅の耐震診断・補強による国土強靭化」の取り組み

◇全国で16万棟を超える木造住宅の耐震診断と4万棟を超える耐震補強の実施
◇「耐震技術認定者講習会」を開催し、耐震事業に携わる技術者を育成。これまでにのべ15,000名が受講し、現在も約2,000名の認定者が活動中
◇年間100回程の研修会を行い、事業者の知識・技術向上を図っている 

「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」は、次世代に向けたレジリエンス社会を構築する為に全国で展開されている“強靭化”に関する先進的な活動を評価・表彰する制度として、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会によって創設され、この度の第2回アワードには242件のエントリーがありました。
弊組合は、木造住宅の耐震化推進を目的として、消費者への耐震診断・補強の実施と、研修・勉強会を通じた事業者への知識・技術提供を進めてまいりました。
今回の受賞を励みに、全国1000社の組合員と共に“木造住宅の耐震化推進”をより一層進めてまいります

木耐協理事長 小野 秀男

木耐協理事長 小野 秀男

金賞受賞
保存

関連記事