耐震診断・補強のことなら

木耐協

耐震に関するご相談は

0120-249-761

(年中無休 午前9時~午後6時まで)

 
TOP > 加盟するには? > 組合員の声 > 株式会社スイコー(宮城県仙台市)

株式会社スイコー(宮城県仙台市)MEMBER VOICE

組合員情報

宮城県仙台市、株式会社スイコーの澤口社長にお話を伺いました。昭和59年、お父様が水道工事専門会社として創業。平成2年に“水道工事”にちなんで株式会社スイコーに社名変更。平成8年、現在の澤口社長が就任され、リフォーム事業に本格的に乗り出しました。2007年度TOTOリモデルセールコンテスト バス部門東北地区No.1の実績をお持ちです。スイコー様の強みは、なんといってもOB顧客からの“圧倒的な信頼”。今回は、その信頼関係構築の取り組みをご紹介いたします。

澤口社長

「ご縁をいただいたお客様とのつながりを大切にしています」と語る澤口社長。

事務局イベントを開催されたそうですが、当日の盛り上がりはいかがでしたか?
澤口社長おかげ様で大盛況でした。今回のイベントは、TOTOさんのショールームをお借りして当社単独で開催させていただいたのですが、2日間で226組412名のお客様にお越しいただき、昨年に比べて150%のご来場者数でした。
事務局1社でのイベントでそれだけ多くのお客様がいらっしゃるというのは、まさに大盛況ですね。集客に関して、何か特別なことをされたのですか?
澤口社長今回は、ご案内する対象を弊社のOBのお客様だけに絞り、約4,000件のDMを発送しました。ご案内をお送りした全てのお客様に、全社員一丸となって電話でのご案内も行いました。ご来場の方には、抽選で宮崎地鶏やラーメン等の景品もご用意しておりましたが、それが目当てでいらっしゃった方はごく少数で、ほとんどの方がリフォームをご検討されているか、弊社の営業担当者との人間関係がきっかけでご来場下さいました。

スタッフ紹介

事務局OBのお客様4,000件への案内だけで、400名以上の活気あるイベントを開催できるというのはすごいことですね。現場で直にお客様と接している営業担当の方々の努力と、それを20年もの長い間続けてきた御社への信頼の証とも言えますね。現在はこういったお客様からのお仕事が大半を占めるのですか?
澤口社長そうですね。既存のお客様からのお仕事と紹介のお仕事が大半を占めています。以前は、華々しく売上が増加することを期待して大々的にチラシを配布し、1度にたくさん集客する手法を行なっておりました。しかし今は、1度ご縁を頂いたお客様とより深いお付合いをさせていただき、リピート受注と紹介受注を主体とした地道な活動を続けていくことが重要だと考えています。
事務局地に足の着いた、堅実な事業活動ですね。以前にお会いしたときはチラシの反響営業がメインでしたが、より熟成され1軒1軒のお客様との絆が強くなっている様に感じます。ところで現在は、全くチラシの配布はされていないのですか?

澤口社長

「お客様の立場で、住環境全般の問題解決をお手伝いしています」

澤口社長以前に比べると部数は少なくなりましたが、タイミングを見て適度に配布するようにしています。一昨年は全くチラシを撒かなかったのですが、その後、チラシというのは新規の反響を取るという以外に、広い意味での宣伝として効果があることにも気付きました。既にお付き合いが有る無いに関らず、いつも目にしているチラシが入らないと“商売を辞めてしまったのか”と思われるお客様もいて、そのような問合せも数件頂いてしまったのです。これはOBのお客様への情報発信の一環としても続けなければいけないと思い、昨年から再開しています。また、チラシの内容についてもご意見を頂戴したことがありました。仙台市では頻繁にリフォームに関するチラシが入るのですが、「スイコーさんのチラシも他社さんのチラシも似ていて区別がつかない」といったご意見でした。しかしそのお客様から、大変ありがたいことに「私が感じたように、御社の仕事ぶりは大変満足できるものだから、そこをもっと情報発信した方が良いですよ。」といったアドバイスまでいただき、目の覚めるような思いがしました。そういった経緯もあり、現在はいわゆるメニュー型チラシはやめ、文字数が多く、より多くのメッセージを盛り込んだチラシを配布するようにしています。
事務局チラシ配布というと、新しいお客様との出会いを求めて配布するというイメージが一般的だと思いますが、御社の場合はそのチラシさえもOBのお客様に向けての情報発信として視野にいれている。チラシもお客様とのコミュニケーションツールのひとつということですね。最後にお客様との関係づくりにおいて、どんなことを心がけていらっしゃいますか。
澤口社長“お客様の家”を“自分の家”と思って仕事をすることです。お客様の立場になって、お客様と一緒に現状の問題を洗い出し、お客様のこれからのライフスタイル・ライフプランに沿って、住環境における問題解決のお手伝いをしていくことです。ですからスタッフ一同、常に勉強して、新しい情報を入手することが肝心だと思っています。

一方通行になりがちなお客様への情報提供ですが、ご縁をいただいたお客様1人1人と真剣に対峙することで、本当の満足を提供し続けているスイコー様。地域密着型企業の真の強みを垣間見ることができました。

【株式会社 スイコー】

昭和51年設立。「自分の家と思って仕事します!」=お客様の立場になって、お客様と共に現状の問題を洗い出し、お客様のこれからのライフスタイル、ライフプランに沿って住環境における問題解決のお手伝いをしていくことをスローガンとし、仙台市周辺で活動されています。
ホームページ http://www.suikoo.jp/